ここから本文です

緩消法

緩消法とは

緩消法とは日本における痛みの研究第一人者である坂戸孝志生理学博士によって 2007年に開発された画期的療法です。
この方法により、緊張した筋肉を無緊張状態にすることができます。
痛みがある時の筋肉の状態は緊張しています。
筋肉が緊張して硬くなると血管がつぶされ血液がうまく流れなくなり、 痛みや痺れが出たり、冷えやむくみ、だるさなどが生じます。
この「筋肉の緊張」を解消することにより痛みを取り除くのが「緩消法」です。

身体の痛みでお困りの方へ


認定院之証

ぎっくり腰などの急な痛みから慢性的な痛みにお悩みの方、 麻酔注射や鎮痛剤などを常用される重度の方までお気軽にご相談ください。

当院は緩消法技術認定を取得し、認定院として痛みで苦しむ多くの方々の快方に向け 日々精進しております。 注射や薬では痛みの原因を解消することができないため、 ずっと同じ治療をし続けなくてはなりません。 継続的な治療費にお悩みの方もぜひ一度お越しください。

腰痛完全治癒に向けて


緩消法により腰の深部の筋肉まで軟らかくなります

治るとは何なのか?

痛みが無くなることを治ったとは言いません。
たとえば鎮痛剤や神経ブロック注射で痛みは無くなりますが、これは麻酔により強制的に痛みを麻痺させただけなわけです。
麻酔が切れればまた痛みはぶり返します。
では、治るとは何なのか?
それは痛みの原因を突き止めてその原因を取り除くことです。
では痛みの原因とは何なのか?
それは筋肉の緊張です。痛みの原因についての詳細はこちら>>
緊張して硬くなった筋肉を軟らかくさえ出来れば、痛みは消えます。
この筋肉が軟らかくなるメカニズムを科学的に証明して腰痛克服に応用したのが緩消法です。
硬くなった腰の筋肉を無緊張状態にできてはじめて腰痛が治ったと言えるわけです。

もしあなたの腰痛がどこへ行っても改善しないなら、緩消法を試してみてください。 当院の症例>>

ページトップへ